テレビと合わせてブルーレイレコーダを買おう

ブルーレイレコーダーの選び方

ブルーレイレコーダとはテレビの番組やビデオカメラで撮った映像を、ハイビジョン画質でブルーレイディスクやハードディスクに録画できる機械である。ほとんどの機種でやDVDの録画も可能です。(DVDに録画する場合はハイビジョン画質ではありません)

主な機種はパナソニックのDIGAやソニーのBDZシリーズ、SHARPのAQUOSブルーレイなどです。 その他にも三菱電機や日立なども作っています。最近ではテレビとブルーレイレコーダーが一体となった機種も多く出てきています。買うときに一番気をつけたいのは、HDD容量と2番組同時録画の有無でしょう。 ビデオをかなりの頻度で録画する方は、容量が多め1TB以上のモデルがいいでしょう。また家族が多い家庭や、同じ時間で見たい番組が複数あることが多い方は、2番組同時録画機能は必須でしょう。値段と機能をよく考えてご自分に最適な機種を見つけましょう♪

以下にブルーレイレコーダのおすすめ(人気上位機種)を紹介します

ブルーレイレコーダ 人気ランキング 2011年6月

★ リンクをクリックすると楽天やAmazon、Yahoo!などから最安値を検索できます ★


1、DMR-BWT500 (パナソニック)

HDD:500GB 2番組同時録画機能:あり 5万円前半 ブルーレイ3Dの再生も可能

2、REGZAブルーレイ RD-BZ810 (東芝)

HDD:1TB 2番組同時録画機能:あり 6万円台前半 外付けUSB HDDを接続可能♪ 1台当たり最大4TBの外付けUSB HDDを最大8台まで登録できる。撮った番組を消したくないという方には是非おすすめです。

3、DIGA DMR-BZT600 (パナソニック)

HDD:500GB 4番組同時録画機能:あり 5万円後半 2番組どころか4番組同時録画が可能です!

4、AQUOSブルーレイ BD-HDW75 (シャープ)

HDD:500GB 2番組同時録画機能:あり 5万円前半 無線LAN搭載、クイック起動(約一秒)が便利です。

5、BDZ-AT700 (SONY)

HDD:500GB 2番組同時録画機能:あり 5万円前半 瞬間起動モード(0.5秒)

6、DIGA DMR-BR585 (パナソニック)

HDD:320GB 2番組同時録画機能:なし 3万円前半 とにかく安い!使用頻度が少ない方はこの機種で十分でしょう

7、DIGA DMR-BZT700 (パナソニック)

HDD:500GB 4番組同時録画機能:あり 8万円後半 3Dの再生も可能です。

8、BDZ-AT300S (SONY)

HDD:500GB 2番組同時録画機能:なし 3万円後半 ソニーの安価モデルです。パナソニックの安価モデルよりもHDD容量は多くなっています。

9、DT630 (東芝)

HDD:320GB 2番組同時録画機能:あり 3万円前半 東芝の安価モデルです。安価モデルには珍しく2番組同時録画が可能です。

10、DIGA DMR-BZT800 (パナソニック)

HDD:2TB 4番組同時録画機能:あり 12万円台前半 3Dの再生も可能です。

HDD容量が大きい機種ではなく、500GBクラスの比較的安価な機種が人気のようです。確かに500GBでも、多くの機種で標準モードであれば100時間以上録画できるので、容量は問題にならないかもしれません。使用頻度が低い方は2番組同時録画なしにすれば1万円以上のコストダウンができそうです。

タグ

カテゴリー:AV機器

デジタル放送見るなら地デジチューナーもあり!

アナログ放送終了に伴い・・・地デジチューナー購入という選択肢もあり!

2011年7月24日からはアナログ放送を見ることができなくなります。デジタルテレビを購入済みの方も多いとは思いますが、まだ買っていない方やアナログのテレビがまだ残っているという方もいらっしゃると思います。アナログテレビはまだ比較的新しくて、捨てるにはもったいないという方もいるでしょう。そんな方には地上波デジタル放送チューナー(地デジチューナー)がおすすめです。地デジチューナーは従来のアナログテレビにD端子ケーブルあるいは黄色・赤・白の映像・音声ケーブルなどをアナログテレビに入力することにより地上波デジタル放送を見ることができるものです。

購入するときはお持ちのアナログテレビの背面にあるビデオ入力を確認しましょう。D3やD4と書かれた端子があるテレビをお持ちの方は、D端子出力のある地デジチューナーがおすすめです。D3以上の端子があればハイビジョン画質で地デジ放送を見ることができます。(D3端子とD4端子の差はほとんどないと考えて問題ありません)D1端子しかないという場合は、D端子付きのチューナーの方が若干画質はいいですが、価格との兼ね合いで、D端子なしのチューナーを選んでもいいでしょう。D端子が全くないアナログテレビをお持ちの方は、D端子なしのチューナーを買うのがおすすめです。

あとはBS、CSを見る方は対応しているか確認する必要があります


以下に地デジチューナーのおすすめ(人気上位機種)を紹介します

地デジチューナー 人気ランキング 2011年6月

★ リンクをクリックすると楽天やAmazon、Yahoo!などから最安値を検索できます ★


1、レグザチューナー D-TR1 (東芝)

高画質・高機能のおすすめデジタルチューナーです。15000円程度。HDMI端子、D3端子搭載、BS・CS対応♪

2、DTV-H400S (バッファロー)

HDMI端子が必要ないという方には一番おすすめのチューナーです。7000円台で購入でき、D端子搭載機種では安価。D4端子搭載、BS・CS対応♪

3、DTV-S110 (バッファロー)

3000円台の安価モデル。D端子なし。BS・CSには対応していません。

4、DTV-H300 (バッファロー)

D4端子搭載、BS・CSには対応していません。5000円程度で購入可能。画質にはこだわるがBS・CSは必要ないという方はこれがおすすめ

5、DTH11 (ユニデン)

4000円台の安価モデル。D端子なし。BS・CSには対応していません。

6、HVT-BCT300S (IOデータ)

光デジタル音声端子搭載。音にこだわりのある方にはおすすめです。17000円台。D4端子搭載、BS・CS対応♪

7、HVTR-BTL (IOデータ)

HDMI端子、D4端子搭載、BS対応♪(CSは非対応)11000円台。BSは必要だがCSは必要ないという方にはおすすめです。

8、DT35 (マスプロ)

9000円台の高機能モデル。D4端子搭載、BS・CS対応♪

9、DT630 (マスプロ)

4000円台の安価モデル。D端子なし。BS・CSには対応していません。

10、DTV-X900 (バッファロー)

HDMI端子、D4端子、光デジタル音声端子搭載の高機能モデル。19000円台。

タグ

カテゴリー:AV機器

今はデジタルテレビがお得!

2011年7月24日の地上波デジタル完全移行に向けて、デジタルテレビがお買い得です

エコポイント終了を見越してメーカーが大量に生産したものの、見込みよりも売れ行きがよくなく、だいぶ在庫が余っているようです。 特に安いのは32インチの液晶テレビ♪なんと安いものでは3万円台でも購入が可能です。 ブルーレイレコーダーやプレイヤー付きの機種はもう少し高額になりますが、 別々に購入するよりは割安になる場合が多いです。

32インチ液晶テレビの人気ランキングは? 2011年6月

★ リンクをクリックすると楽天やAmazon、Yahoo!などから最安値を検索できます ★


1、BRAVIA KDL-32CX400(SONY:ブラビア)

2、LED AQUOS LC-32V5(SHARP:アクオス)

3、LED REGZA 32A2(東芝:レグザ)

4、3D VIERA TH-L32DT3(Panasonic:ビエラ)

5、REAL LCD-32BHR500(三菱電機:リアル)

他のインチも含めてメーカー別で一番人気なのが東芝のREGZAシリーズ。 やはり価格が安く、それでいて画質など性能もいいところが支持されているようです

★液晶テレビなのかプラズマテレビなのか

現在は液晶テレビが売り上げの大部分を占めています。一昔前は画質がよくない、動きに弱いなど言われていましたが、かなり改善しています。省エネ・省電力も優れており、特にこだわりがない方は液晶テレビがおすすめです。最近ではバックライトにLEDを採用したLED液晶テレビが主流になりつつあります。まだ価格は高めですが、画質や動きなど液晶の弱点をカバーする力がありますので、資金に余裕がある方は、LEDの液晶テレビをおすすめします。 ただし映画やスポーツを大画面で楽しみたいという方にはプラズマテレビがいいでしょう。ダイナミックな映像は満足度が高いと思います。

★機能で選ぶ:録画機能はありorなし?

最近ではブルーレイレコーダー付きのテレビなど、収録ができるテレビが多く発売されています。これは好みによりますが、一体型だと配線が必要なく、引越しやテレビを置く部屋を変えるのも簡単にできます。ただし録画機を別の場所へ持ち出すことができないことや、録画機が壊れたときはテレビごと修理に出さないといけないといった不便さもあります。

★画面の大きさと距離について

画面の大きさは、もちろん大きければ大きいほどいいというものではなく、部屋の大きさに左右されます。最近の薄型テレビは縦方向のサイズの3倍の距離を確保して見ればいいと言われています。すなわち37型なら縦が50cm弱ですから約1.5m程度、 50型であれば約60cmですから約1.8m程度離れれば大丈夫でしょう。 距離が確保できればあとは値段との兼ね合いで決めましょう。

タグ

カテゴリー:AV機器

このページの先頭へ