ニットの代表的な素材:羊毛の種類

産業の発展とともに、ニットは手動から自動化にシフトしていきました。ローコストで大量生産できるようになったニットは世界各国で愛されており、今やファッションを語る上でなくてはならない存在といえます。

自動化によってニットの手織り産業が消えてしまったわけではなく、歴史によって紡がれてきた職人の技も現代で温もりとともに息吹いています。機械だけでなく人の手によっても生み出されるニットはそれぞれに魅力があり、人によってはこだわりの強いアイテムもあるのではないでしょうか。

人々に温もりを提供するニットには、その材質にも魅力が込められています。 温かなニットの代表素材といえば羊毛です。温かいニットであるセーターをイメージする人にとって、この羊毛は欠かせない素材です。

この羊毛は、羊の種類や刈り取る時期、そして産地によってそれぞれ名称が異なります。 そこで、以下にいくつかニット素材を紹介しましょう。(リンクから各素材のニットが検索できます!♪)

ラム・ウール
ラムとは仔羊のことです。生後6ヶ月で刈り取るメリメ種の仔羊の毛は、柔らかくやさしい手触りが特徴です。

モヘア
トルコ、南アフリカ、アメリカなどに生息するアンゴラ山羊の毛です。白くなめらかで光沢のある長い繊維は、豪華な印象を携えています。

アンゴラ
アンゴラ兎の毛で、一羽あたりから少量しか取れない貴重な糸。アンゴラ山羊のモヘアのように白く、絹のような光沢が特徴です。

カシミヤ
インドのカシミール地方に生息している山羊から取れる毛。柔らかさと絹のような光沢、高い保温性、そして産毛量の希少さから高級毛として名を馳せています。

アルパカ
アルパカとはラクダ科の哺乳類です。南米ペルーやボリビアで飼育され、海抜3,000~5,000mの高地に生息しているため、毛は強度。それでいて軽さと滑らかな手触りも兼ね揃えているのが特徴です。

◆ Amazon、楽天、Yahoo等の大手通販で横断検索! 最安値を探そう♪ ◆

★ キーワード →     

条件 →  下限:


タグ

カテゴリー:未分類

このページの先頭へ