本革のレザーかフェイクレザーか・・・

【レザーにまつわる問題】
レザーは動物の皮を用いているため、こまめにケアをしないとすぐに劣化してしまいます。 湿気の多い時期にケアを怠るとカビが発生しますし、革であるゆえにキズつきやすく、軽くこすれるだけでも表面は削れます。

ゆえに、レザーの汚れやキズに対する手入れは日々欠かせず、その手間をわずらわしく感じてレザーに馴染めない方もいるようです。

また、レザーは基本的に水に濡れるのを避けるようにいわれています。濡れたままにしておくとシミになるため、雨の日にレザー製品を用いるのはご法度といわれるほどです。

日々の生活のなかで繊細に取り扱わなければならないイメージのつきまとうレザーは、更にその製品化自体を問題視する人も少なくありません。

主に動物を原料として製造するレザーは、動物を愛する人にとって反対の対象となっています。そのため、 本革 ではなく フェイクレザー をすすんで愛用する人もいます。

フェイクレザーの場合、手入れも本革と比べてお手軽であり、キズも本革ほど気にならないなど、レザーに対する本革派、フェイク派の派閥も発生しているようです。

多くの人にとって好まれているレザーだからこそ、レザーにまつわる問題もおのずと生まれています。 一生ものとして大切に丁寧に本革のレザーを愛用していくのか、それとも動物への配慮を考えてフェイクレザー の着用を望むのか。

かけがえのない命によって生まれるレザーに対する話は、素材の魅力を語るだけでは留まらないでしょう。

◆ Amazon、楽天、Yahoo等の大手通販で横断検索! 最安値を探そう♪ ◆

★ キーワード →     

条件 →  下限:


タグ

カテゴリー:レザー

このページの先頭へ