ルイ・ヴィトンの歴史

高貴で上品なイメージによって多くの人が憧れ世界に轟くネーミング、しかしそのブランドネームにまつわる伝統は意外と知られていないのではないでしょうか。 ブランドの起源や創業者の過去を知ることで、ブランド品へ抱いていたイメージとはまた異なった印象や愛着、こだわりも深まると思います。そこで、今回はハイブランドとして誰もが知っている、 ルイ・ヴィトン についての歴史をご紹介しましょう。

創業者であるルイ・ヴィトンは、養母との不仲がきっかけで14才のある日に家を飛び出し、2年間の旅の後にパリの街へ辿り着きます。荷造り用の木箱と荷造りを行う職人として働き始めたルイは、繊細な包装技術によって宮廷の皇后に衣装の梱包を認められ、宮廷御用達の商人として皇室を出入りするようになります。

やがて貴族からの絶大な信頼を得るまでの名誉を手に入れたルイは、当時働いていた店から独立して自分の店を開きました。皇室御用達であったルイの名声はフランスの名門貴族を顧客にするだけでは留まらず、世界中の貴族を顧客にするまでの繁栄を果たします。

人気の火付けになったのは名声だけではなく、当時 旅行カバン の常識であった木箱ではなく防水加工と軽量さを有したキャンバス地のカバンを作ったり、輸送に便利なようにと従来型の丸いトランクから積み上げ可能な平らなトランクを作ったりと、斬新なデザインが人気を博したのも繁栄の大きな要因です。

時代に求められていた機能性を取り入れたルイは、貴族御用達という自身の名前だけに頼らなかったからこそ、不動の地位を手に入れられたといえます。

タグ

カテゴリー:ブランド ヴィトン

このページの先頭へ