ココ・シャネルの革命

ファッション といえば女性が楽しめる表現手段だと広く認識されており、現在のファッションショーやショップでは メンズ よりも レディース 向けのアイテムの方が数多く展開されています。しかし、もともとファッションは男性に向けて設けられたものであり、女性にとってファッションはあまり身近な存在ではありませんでした。

時代が進んでいくにつれて男性よりも女性のファッションが多く見受けられるようになり、現在のようにレディースに特化した文化が形成されていていきました。女性のファッションを開拓した出来事のなかでも、ココ・ シャネル の革命は今をもって圧倒的な存在感を放っています。

ココ・シャネルは、装飾が華美な衣装から女性を解放したレディースファッションの革命者です。当時の誰かの助けなしでは着脱することが困難だった派手な服装は、女性を縛るある種の拘束具となっていました。そんな衣装を目の当たりにしたシャネルは、ジャージー素材という質素な素材をあえて使うことで、女性のファッションに機能性を与えました。その結果、地位や名誉を知らしめる豪勢な衣装は時代遅れのファッションと化したのです。

ちなみに、シャネルの生涯には謎が多く、孤児であったシャネルの父親が誰なのか分からなかったり、ココシャネルの「ココ」は本名ではなく歌手をしていた時のニックネームであったりと、シャネルの魅力はこの謎に満ちているところにもあります。

タグ

カテゴリー:シャネル ブランド

このページの先頭へ