機会の進歩と共に発展した日本のニット産業

戦国の世で広く普及し、多くの人の身を守ってきた ニット は、何百年も後の日本で機械の進歩と共に現代へと受け継がれていきます。

1945年から1965年、戦後復興に力を入れていた日本では多くの産業が栄えていきました。その一つに、手動の横編み機の活躍があります。ニットの代名詞ともいえる セーター が日本で盛んに生産された時期です。

また、このニット産業の繁栄によって女性の社会進出が一般化していき、婦人用セーターがファッションとして認識されるようになりました。

横編みのセーターがアウターとして人気になり、都心である東京や大阪以外の地域でも多くのニット産地が生まれていきます。

1966年以降には自動の横編み機が登場し、手動から更にニット産業が栄えていきました。また、自動化によって編地に変化をつけられるようになったため、ニット製品のバリエーションも豊富になったのです。

自動化によってニット製品へ力が入り、高級ファッションへの仲間入りも果たすようになります。 自動編み機は国内のみならず海外からも輸入されたため、ニットの自動化は急速に進んでいきました。

そして、1986年以降はコンピュータの登場によって自動編み機のデジタル化が進み、イメージした編地が短時間ローコストで生み出せる現代のニット産業へと繋がっていきます。

◆ 激安のショップが見つかる♪ Amazon、楽天、Yahoo等の通販で横断検索! ◆

★ キーワード →     

条件 →  下限:


タグ

カテゴリー:ニット・セーター

このページの先頭へ