人類は靴を4万年前から履いていた!?

人類が二足歩行をはじめたのは500万年も以前の話です。ではその歴史のなかで、人類は最近になって靴を履くようになったのか。

現物が残っていないのですが、ワシントン大学の人類学者によると、人類は4万年前から を履いていたといいます。 当時の人類の足の形から考察するに、靴を履いていたという説が生まれました。

では、現存している最古の靴はいつのものでしょう。 現時点で最古のものとされている靴は、紀元前3000年頃のシュメール文明の遺跡です。現在のイラク南部で栄えたこの地域では、陶器製の靴が発見されています。この靴は、神に捧げるためのものと考えられています。

また、紀元前3000年頃には中国の遺跡から水田で用いる下駄が発見されています。

古代のエジプト人貴族が履いていたとされるサンダルは 紀元前2000年の歴史ある代物。シュロというヤシ科の葉っぱや動物の革で作られたこのサンダルは、一般人に広く流通していたわけではありません。当時、一般人は裸足で生活していました。

◆ Amazon、楽天、Yahoo等の大手通販で横断検索! 最安値を探そう♪ ◆

★ キーワード →     

条件 →  下限:


タグ

このページの先頭へ