ブーツやスニーカーなど靴の発展と多様化

※ 文中のリンクをクリック → Amazon・楽天・Yahoo等から商品を横断検索して比較ができます

街に靴屋というポピュラーな形が生まれ始めたのは紀元前100年頃。ローマの街にあった靴屋には、靴屋同士の繋がりである組合まであったとされています。

このときから、レザー製の サンダルスリッパ だけでなく足首に達する靴など作られていました。つまり、靴の原型は紀元前の時点ですでに出来上がっていたのです。

靴は農作業を効率よく進めるために発展したり、作業時の安全性を考慮してそれぞれの靴に特徴が生まれていきました。

工場での安全のためにつま先部分に鉄板を入れたり、また靴は戦争においても大切な防具となっていました。 世界各地の気候風土、そして文明の発達とともに進化していった靴は、本来の目的以外にも用いられるようになります。それが現代でも多くの人に求められているファッションです。

使用目的に応じてそれぞれの発展を遂げた靴には、今のファッションシーンを多様に彩る姿からも伺えます。 ミュージシャンやバイカーに愛用された歴史をもつ エンジニアブーツ は、もともと工場での安全を確保するために生まれた作業員のための靴です。

また、登山やキャンプといったアウトドアでの使用を目的とした機能性に優れる ブーツ や、各スポーツのために生まれた スニーカー など、現代でも多くの人に親しまれ流行にもなっている靴は幅広い種類があります。

Amazon、楽天、Yahoo等の通販サイトを横断検索し、激安ショップ、レア商品取り扱い店などの情報が検索可能

★ キーワード →     

条件 →  下限:


カテゴリー : 靴・シューズ・ブーツ   タグ :

このページの先頭へ